スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病患者がんリスクアップ 

糖尿病の患者は大腸、肝臓、膵臓がんのリスクが高くなることを、国立がん研究センターがん予防・検診研究センターのセンター長のグループが突き止めた。日本糖尿病学会と日本癌学会の合同委員会が14日、明らかにした。両学会は、糖尿病とがん両方の予防につながる生活習慣を推奨するとともに、糖尿病患者が適切にがん検診を受けるよう呼びかける。

日本人の男女33万6137人を対象に、糖尿病患者のがん罹患率と、そうでない人のがん罹患率を比較。その結果、糖尿病患者は、肝臓がんのリスクが1・97倍、膵臓がんが1・85倍、大腸がんが1・4倍と高かった。

委員会は糖尿病のもつ病態や服薬の影響など、原因についても分析。血液中のインスリン値が高い高インスリン血症や高血糖などの糖尿病に伴う症状が、がんの発生を促進させるのではないかと想定した。

予防には、糖尿病とがんの両方のリスクを低下させる健康的な食事や、運動、体重コントロール、禁煙、節酒などを推奨。また、糖尿病患者が年齢や性別に応じて適切ながん検診を受けることも提言した。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ



テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

老眼かも 早めの対策

老眼は「目のレンズの役割をしている水晶体が加齢によって硬くなり、ピントを調節している毛様体筋という筋肉が、いくらがんばっても調節できなくなって、近くのものが見えにくくなる状態が続くこと」。

どんな人にも老眼は起こる。早い人では40歳前後から、平均で45歳くらいになると見え方に何らかの変化が起きる。その後老眼は進み、視力が安定するのは60歳前後といわれる。


日経ヘルスプルミエが実施した調査では、6割以上の人が「小さな字が読みにくくなって、初めて老眼を自覚した」と答えた。だが実際は、目が疲れる、しょぼしょぼする、夕方になると見づらくなるなどの症状から、すでに老眼は始まっている。

逆に気づいていても「無理したらなんとか見える」と我慢して、老眼対策を先送りする人も多い。しかし、老眼状態を長い時間放置していると「肩こり、頭痛、最悪の場合、吐き気といった症状が起こることもある」ようです。

老眼用のメガネとコンタクトにはそれぞれ長所と短所があるが「目への負担の軽さや安定感から考えると、第一選択は遠近両用メガネ」と。


遠近両用メガネはその見え方に慣れる必要があるため、老眼が進んでから初めて使うと「度の強いレンズ」の見え方に体が慣れるまでに余計に時間がかかってしまう。「度の弱いレンズから始めるほうが楽」との意味でも、早い老眼対策がお薦めのようです。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ







テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

若年性認知症の手引き

社会福祉法人仁至会が運営する認知症介護研究・研修大府センターは、65歳未満で発症する若年性認知症と診断された人やその家族に役立つ情報を集めた「若年性認知症ハンドブック」を作成した。全国の自治体や医療機関などで配布する。

厚生労働省は、2009年時点で若年性認知症の患者を全国で約3万8千人と推計しており、300万人以上とされる認知症高齢者と比べると少ない。

だが、若年性認知症は働き盛りの世代がかかるため、初めは疲れや他の病気と勘違いし診断が遅れる場合があることを指摘し「65歳未満の人も認知症になる可能性があることを理解して」としている。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ




テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

看護女子学生の喫煙率

全国の看護学校に在籍する女子学生の喫煙率が20歳以上で18・6%に上り、20代と30代では同世代の一般女性よりも高いことが30日、分かった。

20~30代は半数以上が医療機関などで働きながら通学しており、調査した日本医師会総合政策研究機構は「仕事と学校の両立がストレスとなり、喫煙率を押し上げた可能性がある」と分析。

喫煙率が高い学校に禁煙指導の強化を促している。

調査は昨年11月、全国の医師会が運営する273の看護学校に通う学生3万3067人を対象に実施し、3万1124人から回答があった。性別では8割が女性。年代別は20代と30代が全体の7割余りを占める。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ




テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

テトリスが視力を鍛える!? 

カナダのマクギル大学の学者チームが、ゲーム「テトリス」の意外な効用を発見した。
弱視の新療法としての効果が確認されたようです。

大学が行った研究では18人の成人をテスト。よく見える方の目をパッチし、視力が弱い目を鍛えるといった通常の療法より、テトリスを使ったトレーニングの方が効果があったという。

チームは、希望者を募ってテトリスを使った以下の実験を2週間にわたっておこなった。

まず被験者は特別あつらえのゴーグルを付ける。一つのグループでは両目を使えるゴーグルを渡された。このゴーグルでは、片目はテトリスの落ちてくるブロックだけ見ることができ、もう片方では下に積み重ねられていくブロックを見ることができる。

比較として、もう一つのグループには、良い方の目を覆い隠し、視力の弱い目だけでゲームをしてもらった。

2週間後に、それぞれのグループの視力を検査したところ、両目を使ったグループにより大きな改善が見られた。

そこで、片目だけでゲームをしていたグループにも、ゴーグルを付け、両目でテトリスをしてもらうと、彼らの視力も著しく改善したということです。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ




テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。