スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三川内焼はまぜん祭り

「三川内焼はまぜん祭り」は、焼き物製作には欠かせない小道具、はまぜんの供養と三川内焼のPRを兼ねた
イベントです。例年5月1日が初日でこどもの日の5日まで開かれます。今年も昨日より開かれています。

karako01_05.jpg

三川内焼は、平戸焼ともいわれ長崎県佐世保市で生産される陶磁器です。
豊臣秀吉が起こした朝鮮の役の際、各地の大名は秀吉の命により、朝鮮の陶工を日本へと連れ帰りました。

平戸藩藩主である松浦鎮信(まつらしげのぶ)も多くの陶工を連れ帰り、
慶長三年(1598年)に連れてこられた巨関(こせき)という陶工は、帰化して今村姓を名乗った後、
平戸島中野村の中野窯で藩主の命により最初の窯入れをしました。この中野焼が三川内焼の始まりといわれています。

同じく朝鮮から来た陶工の高麗媼は中里茂左衛門のもとに嫁いだ後、元和8年(1622年)に三川内へ移住し
また、巨関は1622年ごろ、中野村に陶土がなくなったために陶土を求め息子の今村三之丞と共に藩内を転々とし、
寛永14年(1637年)、最後に行き着いたのが三川内で、その後、慶安3年(1650年)に中野村の陶工が
平戸藩により三川内に移されました。

karako11_05.jpg
三川内焼のトレードマークともいえるのが「唐子絵」です。
元々は、「献上唐子」といわれ朝廷や将軍家への献上品として焼かれ、平戸藩御用窯の代表として、
他の窯で焼くことを許されない「お止め焼き」でした。さらに、描かれた唐子の人数によって七人唐子は献上品、
五人唐子は贈答用、三人唐子は一般用と区別されていました。庶民が使用するようになったのは明治以降のことです。門外不出だった唐子絵も現在では日常使いの愛らしい器となり女性ファンなど新しい三川内焼愛好者を作り出しています。


ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメント

§

これって三川内焼っていうんですかぁ!?
可愛いですよね♪
そちらに遊びに行く機会があったら
必ず探して窯元を訪ねてみたいと思います^^
貴重な情報、感謝です!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。