スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症の新薬発明

那覇市楚辺出身で大塚製薬顧問の大城靖男さん(68)が、全国発明表彰(公益社団法人発明協会主催、朝日新聞社など後援)で、最高の恩賜賞を受賞した。同協会が15日、発表した。大城さんら3人は新規統合失調症治療薬「アリピプラゾール」を発明した。幼いころから高度難聴だった大城さんは「同じように障がいに苦しむ人を助けたい」と、この道に進んだ。好奇心を持ち、解決の糸口を探し続けた研究生活。「自分の発明した薬が世界中の患者の役に立つことは研究者冥利に尽きる」と喜んだ。

 恩賜賞の受賞が決まったのは大城さんのほか、大塚製薬の佐藤誠司さん、大塚アメリカファーマシューティカルの倉橋伸幸さん。

 3人は、統合失調症の治療薬に利用でき、効き目が高く、副作用が少ない化合物を発見。大塚製薬が治療薬「エビリファイ」(一般名・アリピプラゾール)として発売している。世界70以上の国・地域で販売され、2012年度の売り上げは約4400億円に上ったという。

 大城さんは1963年に那覇高を卒業後、大阪大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)。74年大塚製薬に入社した。83~2004年、中枢機能改善薬の開発研究に取り組んだ。

 アリピプラゾールの開発は前任者が1979年に開始したが89年、開発中止に追い込まれた。大城さんが引き継いだ後、失敗を重ねながらも2002年米国、06年日本での発売にこぎ着けた。

 大城さんは「発売までに23~27年もかかった。どんなに難しくても途中で諦めなければ、大きな喜びが待っている」と語った。

 現在も徳島県の研究所で新薬開発のアドバイザーを務める。沖縄との関わりは少ないが、「薬を開発することで沖縄の患者、家族の役に立てる」と意欲を示した。また研究内容を本にまとめ、若手研究者の励みにしてほしいという。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。