スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族同意で医療保護入院 精神疾患

政府は19日、精神疾患で入院治療が必要なのに患者本人の同意が得られない場合、家族らの同意で「医療保護入院」を可能にする精神保健福祉法改正案を閣議決定した。今国会での成立と来年4月の施行を目指す。

早い段階で適切な治療を施すことで、精神疾患による長期入院患者を減らすのが目的。退院後の生活を支えるため、外来や訪問による医療体制の充実にも取り組む。

現行の医療保護入院は、妄想があるなどして病気の自覚がなく、入院治療に応じない患者を精神保健指定医が診察した上で、後見人や家族など「保護者」と定められた人の同意を得て入院させる仕組み。改正法案ではこの保護者制度を廃止し、配偶者や親権者、きょうだいなど、いずれかの同意で入院させることが可能としている。

厚生労働省によると、精神疾患がある患者は平成23年調査で約320万人。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ



現在の医療保護入院の要件は、「保護者の同意」と「指定医の診察」です。
「本人の同意」は要件となっていませんので、本人がどんなに拒否しても、入院となり得ます。

医療保護入院(精神保健福祉法第33条)
・ 自傷・他傷などのおそれが高く、医療上の緊急性が高いと認められるときの強制入院
・ 本人の同意がなくとも、保護者の同意があればよい
・ 精神科医1名による診察

措置入院(精神保健福祉法第29条)[保護者の同意もないとき]
・ 自傷・他傷などのおそれが高く、医療上の緊急性が高いと認められるときの強制入院
・ 本人や保護者の同意がなくともよい(都道府県知事権限による行政措置)
・ 精神科医2名(各々他院であること)による診察(両名合意が条件)

保護者選任義務(精神保健福祉法第20条)
・ 保護者 ‥‥ 後見人、保佐人、配偶者、親権者、扶養義務者 等

保護者の責務(精神保健福祉法第22条)
・ 診療への協力 等(当然、医療保護入院を含む)
・ 財産上の保護、退院時の引き取り(他院への転院を含む)
・ 精神保健福祉法上、保護者の経済能力(金銭負担能力)までは問うていない

扶養義務者とは
・ 民法上、当然に扶養する義務を負う者 等(直系血族、兄弟姉妹)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。