スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコール依存症 早めの治療・予防

健康を損ない、問題行動で仕事や家族までも失いかねないアルコール依存症。治療は重症化してからの断酒療法が主で、早期治療や予防対策は不十分でした。そこで厚生労働省は、患者予備軍への減酒支援を特定健診・保健指導の中で行う方針を決めた。一部の病院では軽症患者への節酒療法を試みて成果を上げるなど、治療や支援の幅が広がってきました。

アルコール依存症は、飲酒の欲求が抑え難くなったり、翌日まで酒臭さが残るほど多量飲酒を繰り返したりするなどの症状が、一定以上あると診断される。国内の患者数は約80万人と推計されるが、治療を受ける患者は4、5万人にとどまっています。

この病気は時間をかけて発症するため、予防の取り組みが欠かせず、厚労省は、特定健診と保健指導にアルコール問題の対策を加える方針で、今年3月に公表する改訂版の健診プログラムに盛り込まれます。

同省の最終案では、特定健診の質問票で、日本酒換算1、2合以上のアルコールを毎日、または時々飲むと答えた人たちに、多量飲酒の頻度や飲酒後の罪悪感の有無などを聞く10の質問に答えてもらう。これは、WHO(世界保健機関)が作成した評価法「アルコール使用障害同定テスト」(AUDIT)で、回答をそれぞれ点数化し、合計点で程度を判断する。

15点以上は「アルコール依存症の疑い」とされ、専門医療機関の受診を勧められる。8点以上、14点以下は「問題飲酒」で、減酒支援の対象となる。

減酒支援プログラムの柱は「飲酒日記」の作成で、「週に2日は休肝日を作る」など、減酒目標を自分で決め、日記をつけ始める。毎日の飲酒量と飲んだ状況、目標達成状況を書き留めるだけの簡単なものだが、習慣化することで節酒意識の向上を狙います。

国立病院機構・肥前精神医療センター(佐賀県)は、こうした減酒指導をアルコール依存症患者にも試みており、連携する病院で、飲酒日記の作成とカウンセリングを患者21人に行ったところ、15人が1日の飲酒量を目標値まで減らすことに成功したようです。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。