スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵子の老化

女性が30代後半以降になると妊娠が難しくなる背景にある「卵子の老化」は、DNAの損傷を修復する機能が低下して起きるらしい。そんな研究結果を、米ニューヨーク医科大などのチームが13日付米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。

 女性の晩婚化が進み、高齢出産をする人が増えているが、卵子は新しく作られることはなく、加齢とともに数は減る一方だ。こうした卵子の老化を食い止め、いかに妊娠する力を維持できるかは、生殖医療の大きな課題になっている。

 核にあるDNAに損傷がたまった細胞は「自殺」して消滅していくが、チームは、損傷を修復する働きを持つBRCA1と呼ばれる遺伝子と、卵子の老化の関係に着目した。

 BRCA1に変異がある女性は乳がんや卵巣がんになりやすいが、「卵巣年齢」の目安となるAMHと呼ばれるホルモンの血中濃度も低く、卵子の残り数が少なくなる傾向があることがわかった。またBRCA1の働きを止めると、卵子の数が減って妊娠しにくくなることもマウスの実験で確かめた。

 チームは「DNAを修復する効率を維持できれば、卵子の老化を遅らせることができるかもしれない」としている。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。