スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱病 初期は体の違和感

かつては「心の風邪」と言われ、誰でもかかる可能性があり、比較的軽かった症状が重症化する恐れも多く、今は「心の肺炎」とも言われる鬱病。平成8年ごろ、43万人だった通院・入院患者は現在100万人を超え、潜在患者は数百万人に上るとされる。

欝病は大きく2つに分かれ、1つは抑鬱気分。気分が沈み「憂鬱」「悲しい」「落ち込んでいる」「何の望みもない」などと思い悩んだ状態。もう1つは興味と喜びの喪失です。これまで楽しんできた趣味や活動に喜びを持てなくなった状態で、「何をしても面白く感じない」「人と話すのがうっとうしい」「毎朝読んでいた新聞を読む気にならない」など関心や欲求が著しく低下してきます。

今はアメリカ精神医学会が決めた診断基準があり、それに基づいて操作的に診断します。今述べた2つの症状が主要症状で、少なくとも1つが鬱病の診断確定に必須です。両方に該当するとその確率は90%といわれています。患者さんに、2つの主要症状、さらに7つの下位項目を質問して、5つ以上の症状が2週間以上にわたって当てはまれば鬱病と診断されます。

平成8年に43万人だった患者数が20年には100万人を超え、これからもまだまだ増えると推測されています。患者増加の理由の一つに、10年から自殺者が年間3万人を超え、国が本格的に鬱病の啓蒙活動に取り組むようになり、その受け皿である診療所が増えて、鬱病治療の敷居が低くなったことがあります。

増える大きな要因に、経済、社会構造など社会的要因もあります。不況、終身雇用の崩壊、非正規雇用の増加、グローバル競争の激化などによるストレスと不安の増大、さらに核家族化、ゲーム世代、ゆとり教育などが生んだ若者層を中心とした精神構造の変化などが指摘されています。鬱病によって社会機能が低下して働けない人たちも増え、メンタル不全を抱えた休職者が職場に復帰するのに半年、1年と長期間かかることも珍しくありません。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。