スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症の認知障害

統合失調症の患者にみられる思考力や注意力の低下といった認知機能の障害が、タンパク質の一種「LHX6」が脳内で減少していることにより引き起こされる可能性が高いことを金沢大などの研究チームが突き止め、14日付の米精神医学誌(電子版)に発表した。

統合失調症は100人に1人の割合で発症。幻覚や妄想といった症状に対する治療薬は存在するが、認知機能障害には有効な治療法が確立されていない。LHX6の働きを明らかにすることで治療法の開発につながる可能性があるという。

チームは、認知機能の中枢を担う脳内の「前頭前野」と呼ばれる部分に着目。米国の脳バンクを利用し、統合失調症の患者42人と精神疾患にかかったことがない42人の前頭前野を比較した。

その結果、患者20人の前頭前野でLHX6の量が平均で約22%減少しており、さらに認知機能の調節で大きな役割を持つ神経細胞の分子も32~46%減少していることが判明した。

LHX6にはこの神経細胞の発達を促す働きがあることから、前頭前野でのLHX6の不足が神経細胞の働きを悪化させ、一部の患者の認知機能に障害を起こしているとみられる。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。