スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味に鈍い人、肥満注意

基本味の一つ「うま味」に対する感度が低い人は、甘み嗜好が強くて肥満になりやすいことが、鳥取県米子市の山陰労災病院循環器科の水田栄之助医師の調査で分かった。

生活習慣病を専門とする水田医師は、糖尿病の患者が作った料理の味付けが濃かったことをきっかけに、生活習慣と味覚の関係について興味を持ち調査を開始。これまでも、高血圧の原因となる塩分への味覚感度を調べたところ、味覚が鈍い人は知らず知らずのうちに塩分の摂取量を増やしていることを突き止めていた。

今回は、高血圧を抑えるため食事で減塩を指導する際、一般的にうま味成分を強くするよう指導していることから、うま味に着目。2009~10年、県内在住の男女48人(平均年齢37.4歳)を対象に調査を実施した。

健康診断受診時に、うま味成分のグルタミン酸ナトリウムを含む調味料を水に溶かして、濃い味から薄味まで濃度を変えて口に入れ、味覚の感度を観察。濃度が0.03%の溶液で味を感じることができた26人と、0.1%以上の濃度にならないと味を感じなかった22人とにグループを分け、それぞれの肥満(体重を身長の2乗で割った指数が25以上)の度合いや病気の有無などを調べた。

すると、0.03%の濃度で味を感じた26人の肥満度は11.5%だったのに対し、0.1%以上の濃度にならないと味を感じなかった22人では36.4%と高かった。

そこで、それぞれのグループに味の好みを聞き取り調査したところ、0.1%以上のグループは、そうでないグループに比べて甘さに対する嗜好が強い傾向があった。

水田医師は「うま味に対する感度が鈍い人は甘みを好きになる傾向が強く、結果として肥満になる可能性も高い」と分析。さらに、「味覚感度の低下が塩分摂取の増加や肥満を助長させるなど、新たな生活習慣病の危険因子になる可能性がある」として、「患者一人ひとりの味覚を考慮することが、生活習慣病患者の食事療法にも重要になってくる」としている。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。