スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイコプラズマ肺炎 患者急増

肺炎の治療に通常使われる抗生物質が効きにくい、「マイコプラズマ」という細菌による肺炎の患者が、この時期としては、ことしは過去10年間で最も多く報告されていることから、国立感染症研究所は、せきが長く続く場合は医療機関を受診するよう呼びかけています。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという細菌が原因で起こる肺炎で、発熱や全身がだるくなるなどの症状が出るとともに、せきが長く続くのが特徴です。ほかの肺炎の治療に使われる抗生物質が効きにくいため、診断が遅れるとまれに肺炎が重症化したり、髄膜炎や脳炎などを起こしたりすることがあります。国立感染症研究所によりますと、ことしは調査対象になっている全国の450余りの医療機関から報告される患者数が、7月から急激に増え始め、先月25日までの累計で8900人を超えて、この時期としては過去10年間で最も多くなっています。年齢別では、1歳から4歳までが3191人で最も多く全体の36%となり、次いで5歳から9歳までが2544人(29%)、10歳から14歳までが1303人(15%)で、0歳から14歳までの子どもの患者が7204人に上り、全体の81%を占めています。マイコプラズマ肺炎は、例年、これからの季節に患者が増えるということで、国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清洲室長は「例年の傾向と同じだとすると、もう少し増加する可能性がある。マイコプラズマ肺炎は多くは自然に治るが、せきがとても強く、家族や学校の友人など、密接に接触していると感染が広がりやすいので、早めに医療機関を受診してほしい」と話しています。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。