スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん治療法に地域差

全国のがん診療連携拠点病院が登録した患者数や治療法の施設別データをもとに、
国立がん研究センターは25日、都道府県別のがん治療の傾向をまとめました。

比較的早い時期の乳がん治療は「手術のみ」に限らず、放射線や薬物との
組み合わせが一般的。
ところが、手術だけの患者の割合が鹿児島県で半数近かった一方、長野、石川両県は
1割未満にとどまるなど地域差が大きいことが分かったようです。

データは、「院内がん登録」という手続きで08年の1年間に集められ
全国359施設、42万8196症例を分析。

早期の乳がんは、患者負担を減らすため切除を小さくし、放射線などを追加する治療が
広がっている。比較的早期の乳がんと診断された全国2万7354症例を分析したところ
最初の治療で手術だけを実施した症例は平均22・3%、手術と薬物が35・9%、
手術と放射線と薬物が29・9%、手術と放射線は7・0%だった。

手術だけの割合が高かったのは鹿児島(48・0%)、山口(40・6%)、青森(36・4%)。
低かったのは長野(6・8%)、石川(9・2%)、高知(10・3%)だった。

低かった県は、放射線や薬物との組み合わせが多かった。

早期の胃がんや大腸がん治療も最近、負担の少ない内視鏡が増えており
早期の胃がんで内視鏡のみの治療を選択した割合が、手術のみを上回ったのは17都府県に上った。
一方、胃がんで手術のみの割合が内視鏡のみの3倍前後も高い県もあったようです。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

§ 7/26

こんばんは~!!
今日はちょっとバタバタしてまして・・・
ご挨拶だけですいません★

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。