スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳死移植、日韓台で連携へ

日本、韓国、台湾の移植学会幹部が脳死移植の拡大に向け、
国際的な連携組織を設立することが9日、分かったようです。

移植の経験や技術を共有し、まず自国・地域で臓器提供者の増加を目指します。

将来的には、国や地域を超えて移植を行う欧州の移植ネットワークの
アジア版を視野に入れているようです。

日本では昨年7月、改正臓器移植法が全面施行され、書面による本人の意思表示が
なくても家族の承諾で臓器提供が可能になりました。

17日で1年になるがドナーは依然、移植希望者数に遠く及ばず、
連携によってどこまで脳死移植が進むか注目を集めそうです。

日本移植学会の高原史郎副理事長や中山太郎元外相らは今年5月、ソウルで韓国側と
移植促進の方向性を協議。6月には高原副理事長が世界移植者スポーツ大会に合わせて
スウェーデンを訪れ、大韓移植学会の趙元顕常任理事や台湾移植医学会の李伯皇名誉理事と話し合った。
 
その結果、3カ国・地域の100万人当たりのドナー数は日本1.7人、韓国・台湾6人程度と
欧米各国の15~25人前後に比べ大幅に少ないことを踏まえ、まずはドナー増加に向けた
啓発活動や情報交換で協力することで一致。

日本は韓国と台湾の支援で2015年の同大会誘致を目指すほか、
移植を受けた子供の絵画展共催などでも連携する。
 
連携組織はそれぞれの移植学会だけでなく、患者や支援団体が加わる形を想定。
最終的にはドイツやオランダなど7カ国が加盟し、国を超えた臓器提供や啓発活動を展開する
欧州移植財団「ユーロトランスプラント」のアジア版を目指すようです。

                           (時事通信より) 
ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。