スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ病の患者報告数が急増

ほおが赤くなることからリンゴ病とも呼ばれる「伝染性紅斑」の患者が
急増しているようです。

国立感染症研究所感染症情報センターのまとめ(速報値)によると、
6月6-12日の週の小児科定点医療機関(全国約3000か所)当たりの患者報告数は1.04で、
この2週間に0.33ポイント増加。

6月6-12日の週の定点当たり報告数は、2000年以降の同時期で最も多くなっており、
同センターでは「例年よりも高い水準を保ったまま、間もなく夏季のピークを迎えると
推測される」として注意を呼び掛けています。

伝染性紅斑は、4-6年周期で流行し、流行の年には年明けから
7月上旬ごろにかけて患者が増加する。

今年の定点当たり報告数は、過去10年間で最も多かった07年に匹敵する水準で推移。
6月6-12日の週には、定点当たり報告数が1.04となり、07年の1.02を上回った。
 
都道府県別に見ると、宮崎の2.58が最も多く、以下は群馬(2.53)、山梨(2.13)、
埼玉(2.07)、栃木(1.85)などと続いた。

伝染性紅斑の原因は、ヒトパルボウイルスB19への感染。
10-20日間の潜伏期間後に、ほおに赤い発疹が現れ、続いて手や足に網目状の赤い発疹が現れる。

小児の場合は、ほとんどが重症化せずに軽快する一方で、成人の場合には強い関節痛などを
引き起こし、歩行困難になることもある。また妊婦が感染すると、流産などの原因にもなり得る。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

§

こんにちは。自分の妻も数年前に子供からりんご病をもらってしまいました。
大人になってからはかなりツライんですよね。
しかもまさか伝染性紅斑とは思わず、医師は「血液の病気」と誤診。

原因が分かるまで数件病院を周り、伝染性紅斑と分かった時には「ホッ」としましたよ。
子供も頃にかかっておくことをオススメします。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。