スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゾの川崎病、未だに「大流行」

いまだに原因がナゾのままの乳幼児の病気「川崎病」の「大流行」が続いています。
2011年5月28日、東京で開かれた特定非営利活動法人日本川崎病研究センターの
研究報告会でその実態が明らかになりました。

川崎病は1970年から2年に1度、患者発生の全国調査が行われ、
世界的に貴重な資料になっており
1月に小児専門病院および100 床以上の病院の小児科に調査書を送り、2009年、2010年の
2年間の新規患者の症状や治療内容の報告を依頼。

約1400病院の回答の段階で、患者は約22000 人。
東日本大震災の影響などで回答は遅れ気味だが、
最終的には前回09年の調査 (2年で23337 人) を上回る可能性があるそうです。

川崎病は1961年に、当時、日本赤十字社中央医療センター小児科にいた川崎医師が
気づいたことからこの名前があり高熱と全身の発疹、目や唇、舌が真っ赤になるなど特徴的な症状が出る。
その後、心筋こうそくを起こす可能性があるとわかって大問題になった。

患者はアジア人、とりわけ日本人に集中している。いまでは治療法が進み、
死者は激減したが、まったく原因がわかっていないそうです。

これまでの全国調査から、1982年に15519 人、1986年に12847 人など3回、
突出した大流行があった。

こうした突出年を別にしても患者数はほぼ毎年、増えていることがわかった。
とくに2002年以降は常に前年を上回り、1982年、1986年に次ぐ史上第3位の患者数を更新し続けています。

川崎病の大部分を占める0歳から4歳までの発病率は、出産の減少による該当年齢人口の減少にもかかわらず、
2007年からはピークの1982年を上回り、「静かな大流行」が続いている模様です。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。