スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過剰睡眠は脳機能低下をもたらす

中年成人では、一晩の睡眠時間が6時間未満または8時間以上の場合には
脳機能の低下と関連することが、英国の研究者らによって示された。
この精神機能の低下程度は4~7歳の老化に相当するという。

研究によると、認知測定項目のスコアは一晩7時間睡眠の女性ではすべての項目が
最も高く、次いで6時間睡眠の女性が高かった。

男性の場合では、6~8時間睡眠を報告したケースでは認知機能は同様であったが、
6時間未満または8時間以上の睡眠時間はより低いスコアと関連していた。

研究者らは、1985年時点で35~55歳であり、ロンドンを中心に公務員を対象とした
長期的研究である「Whitehall II研究」に参加した男女5431人のデータを収集。

1997~1999年、被験者に平均的な平日夜間の睡眠時間を尋ね、平均5.4年の追跡調査後、
2003~2004年にも同じ質問を行った。

その後、睡眠パターンの変化を報告した被験者と変化しなかった被験者を比較。
2003~2004年には、各個人に記憶、推理力、語彙、全体的な認知状態、言語の流暢性を
評価する一連の標準検査を実施した。

研究の結果、男性の58%、女性の50%では試験期間中、睡眠時間が変化していなかったが、
女性の7.4%、男性の8.6%では睡眠時間が一晩7時間から8時間に増加していた。

この増加は変化のなかった人に比べて、6項目の認知機能検査のスコア低下に関連していた。
短期の言語記憶検査スコアのみ睡眠時間増加の影響を受けなかった。

また、約25%の女性、18%の男性が睡眠時間の減少を報告し、
一晩の睡眠時間が6、7または8時間に満たないと回答した。
この減少は、6項目の認知検査のうち、推理力、語彙、全体的な認知状態のスコア低下と関連していた。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。