スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療の疑問、7割が「自ら主治医に聞く」

医師と患者のコミュニケーションについて、
コンサルティング会社「フライシュマン・ヒラード・ジャパン」が
通院治療中の患者300人を対象に行ったインターネット調査によると、
医師との会話の中で発生した疑問について、全体の約70%が「主治医にもう一度聞く」と
答え、患者側から積極的にコミュニケーションを図ろうとしていることがうかがえた。

一方、約15%の人が、病気の状態や治療法の種類などについての説明がなく、
曖昧なままだった経験があると答えた。

調査は、今年2月24、25日の2日間、インターネット上で実施。
全国の通院治療中の患者が対象で、20-70歳代の男女合わせて300人から寄せられた回答を集計、分析した。

このうち、医師との会話の中で発生した疑問の解決方法については(複数回答)、
「主治医にもう一度聞く」という人が70.3%に上り、
「書籍やインターネットで調べる」(53.0%)、「家族・友人に聞く」(10.0%)を大きく上回った。
 
また、治療法や薬についての希望や変更の意思を伝えたことがある人は、
ほぼ半数(「何度もある」5.0%、「時々ある」44.0%)に上った。

医師との会話で病気や治療法、薬についての悩みや疑問が解消できているかについては、
「やや解消できている」という人が67.7%に上り、「完全に解消できている」(17.0%)と
合わせると、約85%の人が医師とのコミュニケーションによって解消していることが分かった。

一方、コミュニケーションがうまくいかなかったケースについては(複数回答)、
「病気の状態、今後の予測、治療法の種類の説明がなく、曖昧なままだった」(15.7%)が最も多く、

以下は「治療方針について、自分自身の意思や意向が聞かれなかった」(13.0%)、
「医師の提示した治療方針が十分に理解できなかった」(11.0%)、

「治療を開始するに当たり、主治医と自分自身(家族)との間で治療目標が共有されなかった」(9.7%)などと
続いた。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

§ 4/21

こんばんは~!!
昨晩は定年退職を迎える方の送別会で飲んできました。
お世話になっていた方なので寂しくなりますが・・飲みすぎてしまい、まだ体調が悪いです。
風邪引いているのに無理しちゃったかな??

さて、明日がんばれば週末!!
張り切っていきましょう☆

§ 4/22

こんばんは~!!
今日はバタバタしててご挨拶だけですいません。
あ~なかなか体調が戻らない(;_;)
では良い週末をお過ごしくださいね☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。