スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルテ開示手数料

患者がカルテの開示請求をした場合、医療機関は応じなければなりません。
2005年に施行された個人情報保護法で、5000人分以上の記録を持つ医療機関に
義務づけられました。

同法に基づく厚生労働省のガイドラインでは、小さな診療所も含めて開示請求に応じるよう求めています。

ただ、開示の際、医療機関には費用の徴収が認められています。
金額は具体的な基準がなく、医療機関で自由に決められるので、病院により差があります。

コピー代だけのところもあれば、別に手数料を徴収するところもあり、
中には手数料5000円、1万円と高額な設定があります。

これには、「自分の個人情報が入手しにくくなる」と批判が出ています。
ガイドラインでは「実費の範囲内」とされているのですが、
病院側には「人件費も考えるとコピー代だけでは実費にならない」との声があり、
認識に違いがあります。


ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。