スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の「リンゴ病」

ほおがリンゴのように赤くなる「リンゴ病」(伝染性紅斑)が
4年振りに流行しているようです。

幼児の病気として知られるが、大人が感染するとひどい関節痛などを併発するほか、
妊婦では流産や死産の恐れもあり、国立感染症研究所では注意を呼び掛けています。

伝染性紅斑は、4、5歳を中心に、9歳以下の子どもで約9割を占めるウイルス性感染症。

全国約3000か所の小児科からの報告によると、1月24~30日の患者数は
2008人で昨年の同時期と比べて約6倍。2002年、07年に次ぐ流行ということです。

伝染性紅斑に感染すると、1週間ほどで鼻水やせき、発熱など風邪に似た症状が出る。
このころウイルスの排出量が最も多くなるが、この時点で病名を特定することは難しく

感染から10~20日経過すると両ほおが赤くなったり、腕や足にレース状の発疹が
見られたりと、リンゴ病特有の症状が出るが、すでにこの時には感染力がほぼ失われており
ワクチンもなく、予防は難しいとされるようです。

子どもが感染しても大半は症状が軽いことから、あまり深刻な病気と
とらえられてはいませんが、大人が感染すると重い症状が出ることがあるので注意が
必要です。

成人はほおが赤くなることは少ないが、合併症として関節痛や関節炎を訴える人が
男性では約3割、女性では約6割に及び、中には起きあがれないほどの痛みが
1~2日続く人もいるということです。

また、妊婦が感染した場合、胎盤を介して胎児も感染。流産、死産に至るケースもあるようです。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 家庭医学・健康
ジャンル : ライフ

コメント

§ 2/16

こんばんは~!!
昨日から仕事でちょっとバタバタしててご挨拶だけですいません。
しっかし・・・長野は寒いです~(;_;)
(現在の外の気温:マイナス5度)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。