スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血ピンチ 

少子高齢化で16年後には約100万人分の血液が足りなくなる。
こんな推計結果を日本赤十字社がまとめたようです。

がんや心臓病の手術などで輸血が必要な50歳以上の高齢者が増えるにもかかわらず、
献血できる若者の数が減るためです。
厚生労働省は、献血者が減り続けている10代の若者の協力呼びかけを強化していくようです。

日赤が、輸血の調査結果と国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口などから推計。

日赤によると、輸血用血液製剤の約85%が50歳以上の患者に使われていることから、
高齢化が進んだ2027年には、輸血を必要とする人は最多になり、549万人分の血液が
必要になるという。一方で、献血可能な16~69歳の人口は7588万人になる。

このうち実際に献血する人は、09年と同じ割合(5.9%)だと仮定すると
約448万人で、101万人分の血液が足りない計算になる。
その後も人口減で需要は減るものの、少子化で不足は拡大していくとみられます。

ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyanbogo

Author:cyanbogo
させぼ鎮守府(ささやかなこの人生2)へようこそ!
天草生まれ佐世保育ちのオヤジです。気になる音楽フュージョンで大好きな観葉植物を育てながら得する医療情報を記していこうと思います。

Flashカレンダー
FC2カウンター
ランキング参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐世保情報へ
にほんブログ村 健康ブログへ
人気ブログランキングへ
最新記事
Comments...A

openclose

カテゴリ
リンク
I Love Nagasaki
アイラブ地元ブログパーツ
天気予報
招き猫
病院検索
クリック募金
病院の薬がよくわかる
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ネットバンク定期預金
定期預金 キャンペーン 2010
ネット定期 金利 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。